41歳の初産婦。妊娠41週2日に陣痛発来のため来院した。妊娠前から高血圧症があり、妊娠中もメチルドパを内服していた。胎児発育は順調で、3日前の妊婦健康診査での胎児推定体重は2,750gであった。

身長154cm、体重61kg。体温37.0℃。脈拍84/分、整。血圧142/86mmHg。尿所見:蛋白(±) 、糖(-)。内診所見で分泌物は褐色少量、子宮口は4cm開大、卵膜を触知し、児頭下降度はSP-3cmである。このときの胎児心拍数陣痛図を別に示す。

適切な対応はどれか。

a. 人工破膜を行う。

b. 帝王切開を行う。

c. 内診指で児頭を挙上する。

d. メチルドパ内服を増量する。

e. エルゴメトリン(麦角アルカロイド)を投与する。

解答を見る