78歳の男性。倦怠感と口渇を訴え、通院中の病院を受診した。

現病歴:68 歳時に人間ドックで高血糖を指摘されて治療を開始した。3か月ごとに定期受診しており毎朝1錠の内服薬で、これまで HbA1c は 6%台であった。1か月前から倦怠感とのどの渇きが出現した。

既往歴:特記すべきことはない。

生活歴:喫煙歴と飲酒歴はない。

家族歴:父親は肺癌で死亡。母親は胃癌で死亡。糖尿病の家族歴はない。

現症:意識は清明。身長 162 cm、体重 53 kg。体温 36.2 ℃。脈拍 80/分、整。 血圧 134/82 mmHg。呼吸数 18/分。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。口腔内は軽度乾燥している。頸静脈の怒張を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。振動覚と腱反射は正常である。

検査所見:尿所見:蛋白(±) 、糖3+、ケトン体1+、潜血(-) 、沈渣に異常を認めない。血液所見:赤血球 444 万、Hb 12.9 g/dL、Ht 43 %、白血球 6,000(好中球 54 %、好酸球 2%、好塩基球 0%、単球 8%、リンパ球 36%)、血小板 19 万。 血液生化学所見:総蛋白 6.9 g/dL、アルブミン 3.5 g/dL、総ビリルビン 0.6 mg/dL、直接ビリルビン 0.3 mg/dL、AST 22 U/L、ALT 19 U/L、LD 186 U/L (基準 176〜353) 、ALP 186 U/L(基準 115〜359) 、γ-GTP 17 U/L(基準8〜50) 、アミラーゼ 352 U/L (基準 37〜160)、CK 132 U/L (基準 30〜140) 、尿素窒素 20 mg/dL、クレアチニン 0.8 mg/dL、尿酸 4.0 mg/dL、血糖 235 mg/dL、HbA1c 8.9 % (基準 4.6〜6.2) 、総 コレステロール 147 mg/dL、トリグリセリド 64 mg/dL、HDLコレステロール 51 mg/dL、Na 140 mEq/L、K 4.4 mEq/L、Cl 105 mEq/L、Ca 9.1 mg/dL、P 3.0 mg/dL、TSH 3.0 μU/mL (基準 0.2〜4.0) 、FT4 1.2 ng/dL(基準 0.8〜2.2) 。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。


確認すべきなのはどれか。3つ選べ。

a. ペットの有無

b. 石綿曝露歴

c. 体重の変化

d. 服薬の状況

e. 食事の状況

解答を見る

Mini-Mental State Examination<MMSE>を行うこととした。注意点はどれか。3つ選べ。

a. 質問の順番を守る。

b. ゆっくりと話しかける。

c. 本人の了承を得てから始める。

d. 家族と相談して解答してもらう。

e. 検査紙の文言を分かりやすく言い換える。

解答を見る

精査の結果、腹部CTで膵尾部に径2cm の腫瘤影を認め、膵癌と診断された。 本人や家族と相談の結果、膵尾部切除術を行うこととなった。 術前の血糖コントロールの方法として適切なのはどれか。

a. 摂取エネルギー制限

b. スルホニル尿素薬

c. ビグアナイド薬

d. DPP-4 阻害薬

e. インスリン

解答を見る