83歳の女性。右大腿骨頸部骨折のため手術を受けた。手術当日の夜は意識清明であったが、手術翌日の夜間に、死別した夫の食事を作るために帰宅したいなど、つじつまの合わない言動が出現した。これまで認知症を指摘されたことはない。

この病態について正しいのはどれか。

a. 生命予後は悪化しない。

b. 抗精神病薬は禁忌である。

c. 認知症の初発症状である。

d. 意識の混濁が短時間で変動する。

e. ベンゾジアゼピン系薬剤が適応である。

解答を見る