68歳の女性。5か月前からしばしば眼痛、虹視および軽度の頭痛を自覚しており、精査を希望して来院した。

視力は右 0.3 (1.0× +2.5 D)、左 0.2(1.0× +3.0 D)。眼圧は右 19 mmHg、左 24 mmHg。左眼の細隙灯顕微鏡写真を別に示す。

適切な対応はどれか。

a. アトロピン点眼

b. 副腎皮質ステロイド点眼

c. 高浸透圧利尿薬点滴

d. レーザー虹彩切開術

e. 硝子体手術

解答を見る