43歳の女性。上顎前歯部の軽度の冷水痛を訴えて来院した。歯周基本治療後、2型糖尿病で血糖コントロール不良のため、SPT〈supportive periodontal therapy〉を実施していた。3日前のリコール来院時にスケーリング・ルートプレーニングを行ったところ、冷たいものがしみるようになったという。SPT開始時の口腔内写真とエックス線写真を別に示す。歯周組織検査結果の一部を表に示す。

適切な対応はどれか。2つ選べ。

a. 咬合調整

b. 歯周ポケット掻爬

c. 抗菌薬の局所投与

d. プラークコントロール

e. 露出根面へのフッ化物の塗布

解答を見る