43歳の男性。突発する強い頭痛のため妻に付き添われて来院した。10日前から毎日明け方に右眼の奥が痛くて目が覚めるようになった。痛みは1時間程度で治まっていたが、今朝は午前5時ごろから右眼の奥をえぐられるような激しい痛みだったので耐えられなくなり、午前6時30分に救急外来を受診した。昨夜は大量飲酒をして就寝したという。30歳台から高血圧症で降圧薬を服用中である。1年前にも同様の頭痛が1週間続いたことがあったという。喫煙は 20 本/日を 22 年間。

意識は清明。体温 36.6 ℃。脈拍 84/分、整。血圧 152/94 mmHg。呼吸数 16/分。瞳孔径は右 2.5 mm、左3.5 mm で、対光反射は迅速である。右眼の結膜充血と流涙とを認める。発語に異常はなく、四肢の麻痺も認めない。腱反射は正常で、Babinski 徴候は両側陰性である。頭部 MRI と MRA に異常を認めない。

適切な治療はどれか。2つ選べ。

a. 酸素投与

b. ヘパリン静注

c. トリプタン皮下注

d. グリセリン点滴静注

e. t-PA(tissue plasminogenactivator)静注

解答を見る