多発性硬化症との鑑別上、視神経脊髄炎を疑うべき所見はどれか。

a. 視力の低下

b. 血清の抗核抗体陽性

c. 脳脊髄液の細胞数増多

d. 末梢神経伝導速度の低下

e. 頭部 MRI の側脳室周囲病変

解答を見る