新生児期に光線療法の対象となる黄疸を生じるのはどれか。

a. 新生児肝炎

b. 胆道閉鎖症

c. 先天性胆道拡張症

d. ABO 血液型不適合

e. Dubin-Johnson 症候群

解答を見る