78歳の女性。発熱と頸部痛を主訴に来院した。4週間前に 39.0 ℃の発熱、右足関節部に腫脹、疼痛が出現した。数日で右足関節部の症状は改善し、解熱した。5日前から再び発熱し、頸部痛が出現したため受診した。

体温 38.4 ℃。脈拍104/分、整。血圧 134/74 mmHg。呼吸数 18/分。SpO2 97 % (room air)。頸部は疼痛による可動域制限がある。四肢関節に腫脹、圧痛を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。圧痛を認めない。

尿所見に異常を認めない。赤沈 110 mm/ 時間。血液所見:赤血球 385 万、Hb 10.8 g/dL、Ht 40 %、白血球 9,800 (好中球 82 %、単球 6 %、リンパ球 12 %)、血小板 52 万。血液生化学所見:総蛋白 6.3 g/dL、アルブミン 3.0 g/dL、総ビリルビン0.8 mg/dL、AST 12 U/L、ALT 14 U/L、LD 264 U/L 基準 176〜353 、尿素窒素19 mg/dL、クレアチニン 0.5 mg/dL。CRP 18 mg/dL。脳脊髄液検査に異常を認めない。頸部 CT の矢状断像および水平断像を別に示す。

最も考えられるのはどれか。

a. Behçet病

b. 結核性脊椎炎

c. 関節リウマチ

d. 後縦靱帯骨化症

e. 結晶誘発性関節炎

解答を見る