62歳の男性。腹部膨満感と褐色尿を主訴に来院した。1か月前から腹部膨満感と時々、尿の色が濃くなることを自覚していた。飲酒は機会飲酒で、薬剤の服用はない。

身長 169 cm、体重 62 kg。体温 36.1 ℃。脈拍 68/分、整。血圧 134/86 mmHg。呼吸数 14/分。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。

尿所見:蛋白 (-)、糖 (-)、ウロビリノゲン (±)、潜血 (±)。血液所見:赤血球 428 万、Hb 14.5 g/dL、Ht 47 %、白血球 9,300、血小板 20 万。血液生化学所見:アルブミン 4.0 g/dL、総ビリルビン 1.3 mg/dL、直接ビリルビン 0.9 mg/dL、AST 98 U/L、ALT 106 U/L、ALP 492 U/L (基準 115〜359)、γ-GTP 92 U/L (基準 8〜50)、アミラーゼ 58 U/L (基準 37〜160)、クレアチニン 0.6 mg/dL。CRP 1.1 mg/dL。腹部超音波検査で異常を認めない。上部消化管内視鏡像を別に示す。

まず行うべきなのはどれか。2つ選べ。

a. 生検

b. 利胆薬投与

c. 内視鏡的乳頭切開術

d. 経皮的胆道ドレナージ

e. 磁気共鳴胆管膵管撮像<MRCP>

解答を見る