78歳の男性。背部痛、食欲不振と体重減少を主訴に来院した。3か月前から時々食後の背部痛を自覚していた。最近になり食後頻回に背部痛を認め、痛みは鈍痛で時に持続して眠れないことがあった。食欲も徐々に減衰した。体重は6か月で7kg 減少し、起き上がれないこともあるため受診した。既往歴に特記すべきことはない。喫煙は 20 本/日を 40 年間。飲酒は日本酒 2合/日を 40 年間。80 歳の妻と2人暮らし。家族歴に特記すべきことはない。

身長 168 cm、体重 48 kg。脈拍 72/分、整。血圧 126/60 mmHg。呼吸数 14/分。眼瞼結膜に軽度の貧血を認める。眼球結膜に異常を認めない。上腹部正中に径 3cm の辺縁不整の腫瘤を触知する。

血液所見:赤血球 275 万、Hb 7.8 g/dL、Ht 24 %、白血球 9,800、血小板 14 万。血液生化学所見:総蛋白 5.2 g/dL、アルブミン 1.9 g/dL、総ビリルビン 0.4 mg/dL、AST 34 U/L、ALT 40 U/L、γ-GTP 24 U/L (基準 8〜50)、尿素窒素 9 mg/dL、クレアチニン 0.4 mg/dL、総コレステロール 110 mg/dL、トリグリセリド 48 mg/dL。CEA 16.4 ng/mL (基準 5以下)、CA19-9 580 U/mL (基準 37 以下)。CRP 2.0 mg/dL。胸部エックス線写真と胸部 CT で径1cm の腫瘤を右肺に2か所、左肺に1か所認める。腹部超音波検査および腹部 CT で膵体部に径 3cm の腫瘤、肝両葉に径 1〜2 cm の多発する腫瘤陰影、胆囊に径 5〜8 mm の結石を数個認める。腹水の貯留を認める。

現時点で適切な対応はどれか。2つ選べ。

a. 胃瘻造設

b. 外科手術

c. 栄養療法

d. 鎮痛薬の投与

e. 抗癌化学療法

解答を見る