次のE2反応に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1. カルボカチオン中間体を経由する。

2. 脱離するHとBrとがシン(シンペリプラナー)の関係となる立体配座から進行する。

3. 反応速度は、化合物Aの濃度及びエトキシドイオンの濃度の両者に比例する。

4. 出発物質として化合物Aのエナンチオマーを用いると、化合物Bの幾何異性体が主生成物として得られる。

5. 化合物Bは、Saytzeff(ザイツェフ、セイチェフ)則に従った生成物である。

解答を見る