Ⅰ型アレルギーに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1. Ⅰ型アレルギーの原因となるIgEは、主としてヘルパーT細胞により産生され る。

2. Ⅰ型アレルギーでは、ヒスタミンがB細胞内の顆粒から放出される。

3. アレルゲンに対して産生されたIgEは、肥満細胞上の特異的受容体と結合する。

4. ウルシによる接触性皮膚炎は、Ⅰ型アレルギーに分類される。

5. 花粉、ダニ、ハウスダストなどが抗原となってIgEが産生され、感作された状態では、同じ抗原が再度侵入した時にⅠ型アレルギーの症状があらわれる。

解答を見る