発がん物質A~Eの代謝と発がん作用に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1. Aは、それ自身がDNAと反応する一次発がん物質である。

2. Bの究極的代謝活性体は、シトクロムP450による酸化を受けた後に生成するメチルカチオンである。

3. Cの究極的代謝活性体は、シトクロムP450による酸化を受けた後に生成する9,10-ジオール体である。

4. Dの代謝活性化には、シトクロムP450とエポキシドヒドロラーゼが関わっている。

5. Eの究極的代謝活性体は、シトクロムP450によりメチル基が酸化された後にN-脱メチル化で生成するメチルカチオンである。

解答を見る