局所麻酔薬メピバカインに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1. 構造の特徴からエステル型の局所麻酔薬に分類される。

2. 細胞の内側から電位依存性Na+チャネルに作用する。

3. 太い神経線維より細い神経線維に対する興奮伝導抑制作用が強い。

4. 炎症巣では細胞外液が酸性側に傾くため、局所麻酔効果が高くなる。

5. 粘膜からの浸透性が高いので、表面麻酔に用いられる。

解答を見る