抗アレルギー薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1. クロモグリク酸は、肥満細胞からのケミカルメディエーターの遊離を抑制し、Ⅰ型アレルギー反応を抑制する。

2. オザグレルは、トロンボキサン A2受容体を遮断し、気管支平滑筋の収縮を抑制する。

3. セラトロダストは、ロイコトリエン受容体を遮断し、血管透過性亢進を抑制する。

4. ジフェンヒドラミンは、5-リポキシゲナーゼを阻害し、気管支平滑筋の収縮を抑制する。

5. スプラタストは、インターロイキン-4やインターロイキン-5の産生を抑制し、IgEの産生を抑制する。

解答を見る