抗悪性腫瘍薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1. エトポシドは、DNA鎖に架橋を形成し、DNA合成を阻害する。

2. ビンクリスチンは、チューブリンの重合を阻害して微小管分解を引き起こし、細胞分裂を抑制する。

3. シタラビンは、細胞内で三リン酸ヌクレオチドに変換され、トポイソメラーゼを阻害して DNA合成を阻害する。

4. ゲフィチニブは、上皮増殖因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼを選択的に阻害する。

5. イマチニブは、血管内皮細胞増殖因子受容体(VEGFR)チロシンキナーゼを選択的に阻害し、血管新生を阻害する。

解答を見る