36歳男性。CD20陽性の再発低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫のため、イットリウム(90Y)イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)を投与することになり、注射液の調製が依頼された。

イットリウム(90Y)イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)注射液はイブリ ツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)にイットリウム(90Y)を結合させて調製す る。調製について誤っているのはどれか。1つ選べ。

1. 製品名と規格、検定日、使用量、使用日、患者名、調製者名等を記載した記録簿を作成し保管する。

2. 調製は、微生物の汚染を防ぐためにクリーンベンチ内で行う。

3. 飛散防止のためにバイアル内は陰圧に保つ。

4. 放射性医薬品が分注されたシリンジには、医薬品の名称、量及び患者氏名を記入したシールを貼付する。

5. 調製時に発生した放射性廃棄物は、専用のドラム缶に封入し保管廃棄する。

解答を見る

90Yに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1. 主に β線を放出する。

2. 半減期は約1週間である。

3. 90Srとの間に放射平衡が成り立つ。

4. 神経組織に特異的効果を示す。

5. 光電効果やコンプトン散乱を引き起こす。

解答を見る