34歳の男性。統合失調症で入院中である。3年前に統合失調症と診断され、父親の同意によって医療保護入院となった。精神症状は難治であるが、本人には統合失調症についての病識がなく精神科治療を受ける考えもないため、医療保護入院が続いている。2週前に肺癌で手術が必要と診断された。本人に伝えると「手術しないといけないのはわかるが手術は怖い。このまま癌で死んでもかまわない」と手術を拒否した。一方、父親は手術を希望した。

現時点での対応として適切なのはどれか。

a. 抗精神病薬を増量する。

b. 本人の意向を無視して手術を行う。

c. 手術をあきらめるように父親を説得する。

d. 患者の同意を得るための努力をさらに続ける。

e. 地域の精神保健福祉センターに判断を求める。

解答を見る