65歳の男性。健康診断で赤血球増加を指摘され来院した。3年前に下肢深部静脈血栓症の既往がある。

意識は清明。顔面と口腔粘膜が紅潮している。心音と呼吸音とに異常を認めない。肝を右肋骨弓下に1cm触知し、脾を左肋骨弓下に4cm触知する。脈拍88/分、整。血圧170/100mmHg。

血液所見:赤血球760万、Hb20.1g/dL、Ht 54%、白血球7,100(骨髄球1%、後骨髄球1%、桿状核好中球2%、分葉核好中球69%、好酸球1%、単球9%、リンパ球17%)、血小板39万。エリスロポエチン3mIU/mL(基準8~36)。骨髄生検で赤芽球、顆粒球および巨核球の3血球系統の過形成を認める。骨髄細胞染色体分析で異常を認めない。JAK2遺伝子変異を認める。

対応として適切なのはどれか。2つ選べ。

a. 瀉血

b. イマチニブ投与

c. ボルテゾミブ投与

d. 多剤併用抗癌化学療法

e. 低用量アスピリン投与

解答を見る