55歳の男性。脱力発作を主訴に来院した。半年前から右手に持っている箸を落としたり、数分間ろれつが回りにくくなるなどの症状に気付いていた。前日に同じ症状が生じ5分で消失したが、繰り返すことが心配になり受診した。糖尿病、高血圧症および脂質異常症に対して内服治療中である。

意識は清明。身長 172 cm、体重 76 kg。体温 36.6 ℃。脈拍 76/分、整。血圧 146/86 mmHg。呼吸数16/分。左頸部に血管雑音を聴取する。神経学的所見に異常を認めない。

血液所見:赤血球 524万、Hb 15.8 g/dL、Ht 45%、白血球 8,700、血小板 26万。血液生化学所見:総蛋白 7.0 g/dL、アルブミン 3.8 g/dL、総ビリルビン 0.7 mg/dL、AST 37 IU/L、ALT 45 IU/L、尿素窒素 16 mg/dL、クレアチニン 1.0 mg/dL、空腹時血糖 120 mg/dL、総コレステロール 210 mg/dL、Na 142 mEq/L、K 4.4 mEq/L、Cl 104 mEq/L。CRP 0.2 mg/dL。胸部エックス線写真で異常を認めない。頭部単純CTと頭部MRIとで異常を認めない。入院の上、治療を行った。治療前後の左総頸動脈造影像を別に示す。

施行したのはどれか。

a. 動脈塞栓術

b. 血栓溶解療法

c. 脳動脈瘤塞栓術

d. 頸動脈内膜剥離術

e. 頸動脈ステント留置術

解答を見る