54歳の女性。7時間前から心窩部痛を自覚したため救急外来を受診した。

意識は清明。体温 38.5 ℃。脈拍 80/分、整。血圧 154/94 mmHg。腹部は平坦で、右季肋部に圧痛を認める。

血液所見:赤血球 433 万、Hb 14.0 g/dL、Ht 42 %、白血球 12,400、血小板 17 万。血液生化学所見:アルブミン 4.5 g/dL、AST 24 U/L、 ALT 18 U/L、LD 161 U/L(基 準 176〜353)、ALP 350 U/L(基準 115〜359)、γ-GTP 94 U/L(基準8〜50)、尿素窒素 21 mg/dL、クレアチニン0.7 mg/dL。 CRP 13 mg/dL。腹部造影CTを示す。

この患者に対する処置として適切なのはどれか。2つ選べ。

a. 結腸切除術

b. 胆囊摘出術

c. イレウス管留置

d. 経皮経肝胆囊ドレナージ術

e. 内視鏡的乳頭括約筋切開術

解答を見る