66歳の男性。呼吸困難を主訴に来院した。3か月前から早歩きの際に呼吸困難を自覚するようになった。症状は急に始まり、そのまま歩行を続けることはできないが、立ち止まって安静にすると約3分で改善する。冷汗や眼前暗黒感、呼吸性の痛みの増強はないという。症状の頻度や程度は変わらなかったが、心配した家族に付き添われて受診した。

体温 36.6 ℃。脈拍 68/分、整。血圧 132/82 mmHg。呼吸数 14/分。SpO2 98 %(room air)。眼瞼結膜に貧血を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。胸部エックス線写真で異常を認めなかった。心電図をとって検査室から早足で外来に戻ってきたところ、いつもと同じ症状が出現してきたという訴えがあった。直ちに外来診察室でバイタルサインを確認し、心電図の再検査を行った。心拍数 98/分。血圧 172/92 mmHg。SpO2 99 %(room air)。症状は、いつもと同じ強さで出現から約2分続いている。本日受診時の心電図と診察室での発作時の心電図とを示す。

まず行うべきなのはどれか。

a. ベラパミル経口投与

b. ニトログリセリン舌下投与

c. ヘパリン静注

d. アトロピン静注

e. アドレナリン静注

解答を見る