62歳の男性。下肢脱力のため救急車で搬入された。ほとんど食事を摂らずに連日大量の飲酒を続けており、昨日も軽い朝食以後食事をせず泥酔状態でフローリングの床の上で寝入ってしまった。本日午前5時に目覚めたが足に力が入らず歩行が困難であったため、電話まで這っていき午前6時に救急車を要請した。冷房装置のない蒸し暑い部屋に独居している。

意識は清明。身長 165 cm、体重 62 kg。体温 36.1 ℃。心拍数 124/分、整。血圧 86/54 mmHg。呼吸数 28/分。SpO2 96 %(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。腰背部痛と両大腿の筋痛とを認める。構語障害を認めない。両下肢筋力は徒手筋力テストで2と低下を認めるが、その他の神経学的所見に異常を認めない。

尿所見:色調は暗褐色、比重 1.022、pH 6.0、 蛋白2+、糖(±) 、ケトン体1+、潜血3+、ビリルビン(-) 、沈渣に赤血球 1〜4/1視野、白血球2〜3/1視野、硝子円柱と顆粒円柱とを認める。血液所見: 赤血球 330 万、Hb 12.0 g/dL、Ht 33 %、白血球 14,700、血小板 17 万。

最も考えられるのはどれか。

a. 脳梗塞

b. 尿路結石

c. 尿路感染症

d. 横紋筋融解症

e. 急性糸球体腎炎

解答を見る