EGFR遺伝子変異陽性、遠隔転移を有する進行肺腺癌に対する初回治療で、分子標的薬(チロシンキナーゼ阻害薬)の副作用として頻度が高いのはどれか。

a. 貧血

b. 皮膚障害

c. 1型糖尿病

d. 好中球減少

e. 血小板減少

解答を見る