病原体と感染予防策の組合せで適切でないのはどれか。

a. HIV ― 標準予防策<standard precautions>

b. ヒゼンダニ ― 飛沫予防策<droplet precautions>

c. 麻疹ウイルス ― 空気予防策<airborne precautions>

d. Clostridium difficile ― 接触予防策<contact precautions>

e. インフルエンザウイルス ― 飛沫予防策<droplet precautions>

解答を見る