68歳の男性。健診で血清蛋白異常を指摘され来院した。特に自覚症状はない。既往歴に特記すべきことはない。

表在リンパ節を触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。浮腫を認めない。

血液所見:赤血球 438 万、Hb 13.8 g/dL、Ht 45 %、白血球 5,800、血小板 25 万。血液生化学所見:総蛋白 8.2 g/dL、アルブミン 4.7 g/dL 、IgG 2,628 mg/dL (基準 960〜1,960)、IgA 319 mg/dL (基準 110〜410)、IgM 211 mg/dL (基準 65〜350)、総ビリルビン 0.7 mg/dL、AST 26 U/L、ALT 38 U/L、LD 285 U/L (基準 176〜353)、ALP 295 U/L 基準 115〜359 、尿素窒素 18 mg/dL、クレアチニン 0.9 mg/dL、尿酸 5.6 mg/dL。

診断のために最も重要な血液検査項目はどれか。

a. 可溶性 IL-2 受容体

b. 寒冷凝集反応

c. 血清カルシウム値

d. 血清免疫電気泳動

e. 直接 Coombs 試験

解答を見る