22歳の女性。摂食障害と筋力低下のため救急車で搬入された。18歳で失恋を契機に食事制限を開始し、摂食量および体重の減少が止まらなくなり、自宅近くの精神科に通院中であった。筋力低下のため自宅で身動きがとれなくなり、救急車を要請した。

月経は3年前から停止している。意識は清明。身長 152 cm、体重 26 kg。体温 35.1 ℃。心拍数 48/分、整。血圧 80/52 mmHg。前腕にうぶ毛の増生を認める。

尿所見:蛋白 (-) 、糖 (-) 、ケトン体 +。血液所見:赤血球 408 万、Hb 11.0 g/dL、Ht 38 %、白血球 3,300、血小板 万。血液生化学所見:AST 28 U/L、ALT 16 U/L、尿素窒素 12 mg/dL、クレアチニン 0.6 mg/dL、Na 135 mEq/L、K 3.0 mEq/L、Cl 94 mEq/L、血糖 45 mg/dL、HbA1c 4.4 % (基準 4.6〜6.2)、TSH 2.8 μU/mL (基準 0.5〜5.0)、FT3 1.8 pg/mL (基準 2.3〜4.3)、FT4 0.9 ng/dL (基準 0.9〜1.7)。経静脈的にブドウ糖を含む輸液を開始したところ、入院2日目から呼吸困難、意識障害 (JCSⅡ-20) 及び全身の浮腫が出現し、血液所見は AST 539 U/L、ALT 654 U/L であった。

対応として適切でないのはどれか。

a. リンを投与する。

b. 心電図を施行する。

c. 微量元素を測定する。

d. ビタミン B1 を投与する。

e. 甲状腺ホルモンを投与する。

解答を見る