次の筋細胞に存在する異なった標的分子に働き、収縮機能に対して相反する作用を示す薬物の組合せはどれか。2つ選べ。

1. 血管平滑筋細胞におけるアセチルコリンとフェニレフリン

2. 瞳孔括約筋細胞におけるアセチルコリンとネオスチグミン

3. 気管支平滑筋細胞におけるアセチルコリンとイソプレナリン

4. 骨格筋細胞におけるアセチルコリンとツボクラリン

5. 骨格筋細胞におけるアセチルコリンとダントロレン

解答を見る