77歳男性。3月中旬のある日、昼食の時間になり、家族が男性を探したところ、男性は農機具等が置いてある小屋でうずくまっていた。顔面は蒼白であり、声をかけてもうなずくだけで言葉が出なかった。また、足下に嘔吐物があった。支えても歩くことができなかったため、救急車で病院に搬送した。家族の話から、この男性は朝 10時頃から小屋で畑仕事の準備をしていたという。診察した医師は、化学物質による中毒を疑い、検査を依頼した。

病院で行うべき処置として誤っているのはどれか。1つ選べ。

1. 胃を洗浄する。

2. 活性炭を投与する。

3. 制吐剤を投与する。

4. 輸液を投与する。

5. 利尿剤を投与する。

解答を見る

この男性の血液を検査したところ、コリンエステラーゼ活性が著しく低下していた。中毒の原因と考えられる化学物質はどれか。1つ選べ。

1. クロルピクリン

2. グルホシネート

3. パラコート

4. メソミル

5. 硫酸タリウム

解答を見る