56歳の男性。4か月前から物忘れが目立ち始め、2か月前から怒りっぽくなったため心配した家人に連れられて受診した。

意識は清明。身長 172 cm、体重 56 kg。体温 36.2 ℃。脈拍 68/分、整。Mini-Mental State Examination(MMSE)は 13 点(30 点満点)で、検査中に数回にわたって「もうやめろ」という発言があった。瞳孔径は両側1mm で対光反射は消失、輻湊反射は保たれており、Argyll Robertson 瞳孔を呈している。その他の脳神経に異常を認めない。筋力低下はない。腱反射は四肢で亢進し、Babinski徴候は両側陽性。感覚系と小脳系とに異常を認めない。 髄膜刺激症候は陰性。

血液所見と血液生化学所見とに異常を認めない。脳脊髄液所見:初圧 270 mmH2O(基準 70〜170)、細胞数 58/mm3(基準0〜2)(単核球 100 %)、蛋白 210 mg/dL(基準 15〜45)、糖 72 mg/dL(同時血糖 118 mg/dL)。

脳脊髄液の検査項目で追加すべきなのはどれか。

a. タウ蛋白

b. TPHA反応

c. β-D-グルカン

d. JCウイルス抗体

e. オリゴクローナルバンド

解答を見る