7歳の女児。咀嚼困難を主訴として来院した。上顎前歯部のエックス線検査から両側中切歯の歯根形成量は2/3程度であった。全身状態は良好である。初診時の口腔内写真を別に示す。

対応で適切な組合せはどれか。1つ選べ。

上顎 下顎

a. 経過観察------バンドループ

b. 経過観察------可撤保隙装置

c. 可撤保隙装置------リンガルアーチ

d. 可撤保隙装置------可撤保隙装置

e. Nanceのホールディングアーチ------バンドループ

f. Nanceのホールディングアーチ------リンガルアーチ

解答を見る