28歳の男性。上腹部膨満感を主訴に来院した。6か月前から食後に上腹部の膨満感を自覚するようになった。自宅近くの診療所で投薬を受けたが改善せず、食事中にも症状を感じるようになったため受診した。体重減少や便通異常はなかったという。

腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。腸雑音は正常である。血液生化学検査、腹部超音波検査、便潜血検査および上部消化管内視鏡検査で異常を認めない。

最も考えられる疾患はどれか。

a. 膵癌

b. 大腸癌

c. 過敏性腸症候群

d. スキルス型胃癌

e. 機能性ディスペプシア(FD)

解答を見る