ある疾患のリスクについて遺伝要因と飲酒習慣の交互作用が認められるとき、観察される現象として最も適切なのはどれか。

a. 禁酒しても疾患の一次予防はできない。

b. 遺伝要因により飲酒習慣に差異がある。

c. 飲酒習慣にかかわらず遺伝要因が疾患のリスクになる。

d. 遺伝要因により飲酒習慣の疾患への相対危険度が異なる。

e. 飲酒習慣で補正すると遺伝要因と疾患との関連が消失する。

解答を見る