71歳の男性。ふらつきを主訴に来院した。

現病歴:1週前から朝の目覚めが悪く、散歩中に気分が悪くて座りこむことが多くなった。階段を上がる際に息切れを自覚するようになり、心配になったため受診した。2週前から便が黒かったという。以前から通院中の内科で3週前に行った検査結果を持参している。

既往歴:高血圧症と心房細動のため、前述の内科に通院中である。1か月前に右膝を痛め、自宅近くの診療所で処方された鎮痛薬を服用している。

生活歴:6年前に会社を退職して、妻、長男夫婦および小学生の孫と同居している。喫煙は45歳まで15本/日を25年間。飲酒は機会飲酒。

検査所見(持参したもの):血液所見:赤血球343万、Hb. 10.6g/dL、Ht 33 %、白血球7,300、血小板10万、PT-INR 1.9(基準0.9~1.1)、APTT 38.4秒(基準対照32.2)。血液生化学所見:総蛋白6.0g/dL、アルブミン3.2g/dL、総ビリルビン1.2mg/dL、直接ビリルビン0.3mg/dL、AST 33IU/L、ALT 26IU/L、LD 256IU/L(基準176~353)、尿素窒素15mg/dL、クレアチニン0.8mg/dL、血糖98mg/dL、Na. 131mEq/L、K 4.4mEq/L、Cl 97mEq/L。

現症:意識は清明。身長173cm、体重78kg。体温36.2℃。脈拍96/分、不整。血圧148/78mmHg。呼吸数20/分。SpO2 97%(room air)。皮膚は乾燥している。眼瞼結膜は貧血様で、眼球結膜に黄染を認めない。眼振を認めない。口腔内と咽頭とに異常を認めない。頸静脈の怒張を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。浮腫を認めない。四肢の筋力は保たれており、起立と歩行とに異常を認めない。腱反射に異常を認めない。


診断のために再度確認すべきなのはどれか。

a. 食物アレルギ―歴

b. 感染性疾患の有無

c. 2週間以内の海外渡航

d. 医療機関での処方内容

e. 家庭でのストレスの程度

解答を見る

次に行うべきなのはどれか。

a. 頭部CT

b. 直腸鏡検査

c. 骨髄穿刺検査

d. 血清ビタミンB12測定

e. 上部消化管内視鏡検査

解答を見る