43歳の女性。職場の健康診断で血清ALPと血清Caの異常を指摘されて来院した。特に自覚症状はない。血液生化学所見:ALP 548IU/L(基準115~359)、Ca 11.8mg/dL、P 2.3mg/dL。

最も考えられるのはどれか。

a. 家族性低カルシウム尿性高カルシウム血症

b. 家族性低リン血症性骨軟化症

c. 原発性副甲状腺機能亢進症

d. 続発性副甲状腺機能亢進症

e. ビタミンD過剰摂取

解答を見る