脊椎の加齢性変化について正しいのはどれか。

a. 椎間板変性は胸椎に多い。

b. 後縦靱帯骨化は頸椎に多い。

c. 骨粗鬆症の頻度に性差はない。

d. 最も多い症状は間欠性跛行である。

e. 脊椎圧迫骨折が多いのは第5腰椎である。