32歳の女性。2回経妊2回経産婦。1年前からの不正性器出血を主訴に来院した。臨床病期Ⅰ期の子宮頸癌と診断され、3週間後に広汎子宮全摘術とリンパ節郭清術が予定されている。予測出血量は 800 mL である。

血液所見:赤血球 380 万、Hb 11.4 g/dL、Ht 37 %、白血球 5,200、血小板 16 万。血液生化学所見:総蛋白6.4 g/dL、AST 32 U/L、ALT 29 U/L。血液型は AB 型 RhD(-)である。

現時点の対応として誤っているのはどれか。

a. 鉄剤投与

b. 自己血貯血

c. 不規則抗体スクリーニング

d. 赤血球液-LR との交差適合試験

e. 血液準備量について院内輸血部門と調整

解答を見る