78 歳の男性。呼吸困難を主訴に夜間救急外来を受診した。呼吸困難のために病歴は十分に得ることができない。家族の話によると、5年前から自宅近くの診療所で在宅酸素療法が導入されており、1L/分の酸素を吸入している。来院時は、酸素ボンベを持参している。

意識は清明。体温 36.8 ℃。脈拍 96/分、整。血圧 130/80 mmHg。呼吸数 20/分。体格はやせ型。吸気時に肥大した胸鎖乳突筋が特に目立ち、口すぼめ呼吸をし、喘鳴が著明である。動脈血ガス分析(鼻カニューラ 1L/分 酸素投与下):pH 7.35、PaCO2 55 Torr、PaO2 60 Torr、HCO3- 30 mEq/L。

酸素療法による適切な初期対応はどれか。

a. リザーバー付マスク 10 L/分

b. リザーバー付マスク 5L/分

c. 鼻カニューラ 5L/分

d. 鼻カニューラ 1.5 L/分

e. 鼻カニューラ 0.5 L/分

解答を見る