74歳の女性。持続する前胸部痛のため来院した。

現病歴:本日午前7時45分、朝食の準備中に突然、咽頭部に放散する前胸部全体の痛みと冷汗とを自覚した。意識消失、呼吸性の痛みの変動および胸部の圧痛は なかったという。ソファに横になっていたが症状が持続するため、家族に連れられて自家用車で午前8時15分に来院した。症状を聞いた看護師が重篤な状態と判断し、直ちに救急室に搬入した。

既往歴:特記すべきことはない。

生活歴:特記すべきことはない。

家族歴:父親が 80 歳時に脳出血で死亡。母親が 84 歳時に胃癌で死亡。

現症:意識は清明。身長 158 cm、体重 56 kg。体温 36.5 ℃。脈拍 92/分、整。 血圧 120/80 mmHg。呼吸数 18/分。SpO2 99 %(room air)。心音と呼吸音とに異常 を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。直ちに施行した心電図を別に示す。


最も可能性が高いのはどれか。

a. 胸膜炎

b. 急性冠症候群

c. 上室性頻拍

d. 肺血栓塞栓症

e. 完全房室ブロック

解答を見る

検査所見(午前時 25 分の採血):血液所見:赤血球 416 万、Hb 12.6 g/dL、Ht 36 %、白血球 9,800、血小板 20 万、D ダイマー 0.7 μg/mL(基準 1.0 以下)。血液生化学所見:AST 26 U/L、ALT 30 U/L、LD 254 U/L (基準 176〜353)、CK 118 U/L (基準 30〜140)、尿素窒素 16 mg/dL、クレアチニン 1.6 mg/dL、血糖 98 mg/dL、心筋トロポニン T 陰性。胸部エックス線写真で異常を認めない。

緊急処置の準備中、突然、うめき声とともに意識消失した。呼吸は停止しており脈を触れない。胸骨圧迫とバッグバルブマスクによる換気を開始した。このときの モニター心電図を別に示す。

この患者に直ちに行うべきなのはどれか。

a. ニトログリセリン静注

b. アドレナリン静注

c. アミオダロン静注

d. アトロピン静注

e. 電気ショック

解答を見る