日齢21の新生児。母子手帳の便色カードを見て、便の色が薄いことに気付いた母親に連れられて来院した。在胎 39 週、出生体重 2,800 g で出生し、出生時に異常は指摘されなかった。完全母乳栄養である。

体重 3,200 g。体温 37.0 ℃。心拍数 110/分、整。血圧 80/40 mmHg。呼吸数 32/分。SpO2 98 %(room air)。四肢を活発に動かしている。皮膚および眼球結膜に黄染を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は軽度膨満しており、肝を肋骨弓下に3cm触知する。腸雑音の亢進はない。患児の便の写真を示す。

母親への説明で適切なのはどれか。

a. 「母乳をやめましょう」

b. 「すぐに血液検査をしましょう」

c. 「1週間後に便を持参してください」

d. 「便の細菌を調べる必要があります」

e. 「この便の色であれば再受診の必要はありません」

解答を見る