63歳の女性。結腸癌のため開腹手術が予定されている。

現病歴:2か月前に受けた健診で貧血と便潜血反応陽性とを指摘された。2週間前の下部消化管内視鏡検査で上行結腸に腫瘤を認め、生検で大腸癌と診断された。胸腹部 CT で転移を認めなかった。上行結腸切除術が予定されている。労作時の息切れや胸部圧迫感、動悸、腹痛、便秘、下痢および体重減少を認めない。

既往歴:45 歳ごろから、高血圧症と糖尿病のため内服治療中。

生活歴:営業職で外回りをしている。ゴルフが趣味で現在も続けている。喫煙は 20 本/日を 40 年間。飲酒は機会飲酒。

家族歴:父親が心筋梗塞で死亡。母親が胃癌で死亡。

現症:意識は清明。身長 155 cm、体重 62 kg。体温 36.2 ℃。脈拍 84/分、整。血圧 154/84 mmHg。呼吸数 18/分。SpO2 96 %(room air)。眼瞼結膜は貧血様であり、眼球結膜に黄染を認めない。表在リンパ節を触知しない。頸静脈の怒張を認めない。頸部で血管雑音を聴取しない。胸骨右縁第肋間にてⅢ/Ⅵの収縮期駆出性雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下腿に浮腫を認めない。神経学的所見に異常を認めない。

検査所見:尿所見:蛋白 1+、糖 (-)。血液所見:赤血球 410 万、Hb 10.8 g/dL、Ht 34 %、白血球 6,400、血小板 24 万、PT-INR 1.0(基準 0.9〜1.1)。血液生化学所見:総蛋白 7.0 g/dL、アルブミン 4.0 g/dL、総ビリルビン 0.3 mg/dL、 AST 26 U/L、ALT 32 U/L、尿素窒素 24 mg/dL、クレアチニン 1.0 mg/dL、血糖 116 mg/dL、HbA1c 6.6 %(基準 4.6〜6.2)、総コレステロール 204 mg/dL、トリグリセリド 180 mg/dL、HDL コレステロール 46 mg/dL、Na 138 mEq/L、K 4.4 mEq/L、Cl 102 mEq/L。CRP 0.3 mg/dL。胸部エックス線写真と心電図とに異常を認めない。


術前検査として行うべきなのはどれか。2つ選べ。

a. 頭部 MRI

b. 心エコー検査

c. 呼吸機能検査

d. 運動負荷心電図

e. 75 g 経口グルコース負荷試験

解答を見る

手術室入室後、皮膚切開までの間に行うべきなのはどれか。2つ選べ。

a. 剃毛

b. 抗菌薬投与

c. タイムアウト

d. 肺動脈カテーテル挿入

e. インフォームド・コンセント取得

解答を見る

手術後の経過:手術は問題なく終了した。術後4日目早朝の体温は 37.5 ℃であった。意識は清明。脈拍 88/分、整。血圧 124/70 mmHg。呼吸数 20/分。SpO2 96 %(room air)。呼吸音に異常を認めない。腹部に圧痛を認めない。手術創周囲に発赤と腫脹とを認めない。肋骨脊柱角に叩打痛を認めない。時間後に再測定したところ、体温は 37.0 ℃であった。術後4日目の朝の血液検査では、Hb 9.4 g/dL、 白血球 6,800、CRP 1.7 mg/dL であった。胸部エックス線写真で異常を認めない。

この時点での対応として適切なのはどれか。

a. カルバペネム系抗菌薬投与

b. 下部消化管内視鏡検査

c. 試験開腹手術

d. 全身CT

e. 経過観察

解答を見る