WHOが公表した2015年の低所得国と高所得国における主な死亡原因の割合を示す。

(ア)はどれか。

a. 感染症

b. 悪性新生物

c. 心血管疾患

d. 不慮の事故

e. 周産期の異常

解答を見る