82歳の男性。頻回の嘔吐を主訴に救急車で搬入された。10年以上前から胆囊結石症と診断されていたが無症状のため経過観察となっていた。昨日の昼食時に食物残渣が混じった嘔吐が2回あり、夕食は摂取しなかった。深夜になっても嘔吐を3回繰り返したため救急車を要請した。

体温 36.8 ℃。心拍数 100/分、整。血圧 100/58 mmHg。呼吸数 20/分。腹部は膨満し、心窩部から臍周囲に圧痛を認めるが、筋性防御を認めない。聴診で金属音を聴取する。

血液所見:赤血球 395 万、Hb 12.4 g/dL、Ht 37 %、白血球 12,600、血小板 18 万。血液生化学所見:総蛋白 6.6 g/dL、アルブミン 3.3 g/dL、総ビリルビン 1.4 mg/dL、AST 18 U/L、ALT 8 U/L、尿素窒素 38 mg/dL、クレアチニン 1.8 mg/dL。発症 年前の腹部単純CT及び今回の腹部単純CTを別に示す。

適切な治療はどれか。

a. 下剤の投与

b. イレウス解除術

c. 腹腔鏡下胆囊摘出術

d. 経皮的胆囊ドレナージ

e. 内視鏡的胆管ドレナージ

解答を見る