2歳の男児。 1歳5か月ころから時々高熱をきたし、尿路感染症の診断で治療を受けていた。昨日夜から 38 ℃台の発熱があり、軽快しないため来院した。

尿所見:蛋白 1+、糖 (-) 、潜血 1+、沈渣に赤血球 1〜4 /HPF、白血球 50〜99/HPF。血液所見:赤血球 488 万、Hb 12.4 g/dL、Ht 37 %、白血球 14,800、血小板 30 万。血液生化学所見:総蛋白 6.9 g/dL、AST 29 U/L、ALT 18 U/L、尿素窒素 mg/dL、クレアチニン 0.5 mg/dL。CRP 8.6 mg/dL。尿沈渣の Gram 染色で Gram 陰性桿菌を認めた。急性腎盂腎炎と診断し、抗菌薬で治療を行った。解熱後の排尿時膀胱尿道造影像を別に示す

適切な治療法はどれか。

a. 腎盂形成術

b. 尿管カテーテル留置術

c. 尿道切開術

d. 膀胱拡大術

e. 膀胱尿管逆流防止術

解答を見る