コミュニケーションツールの一つであるSBAR (Situation, Background,Assessment, Recommendation) に基づいて、研修医が指導医に担当患者の病状を報告している。

研修医:「担当の患者さんの状態について報告と相談をさせてください」
指導医:「どうぞ」
研修医:「78 歳の女性で、①昨日大腿骨頸部骨折に対する手術を行い、維持輸液を継続しています②本日明け方から息苦しさを訴えています
指導医:「患者さんの状態はどうですか」
研修医:「③SpO2 はルームエアーで 92 %、両側で coarse crackles を聴取し、心不全発症の可能性を疑います④まずは酸素投与を開始すべきと考えます
指導医:「分かりました。⑤今から私と一緒に患者さんの病状を確認しましょう

SBAR の「R」に相当するのは下線のうちどれか。

a. ①

b. ②

c. ③

d. ④

e. ⑤