妊娠中の薬物療法の原則について正しいのはどれか。

a. 多剤併用はできる限り避ける。

b. NSAIDs は妊娠後期であれば投与できる。

c. 抗菌薬としてキノロン系が推奨されている。

d. 妊娠判明時には服用中の薬剤を一旦中止させる。

e. 妊娠4週未満は薬剤による催奇形性の可能性が高くなる。

解答を見る