我が国の死亡と寿命の変遷について正しいのはどれか。

a. 1950 年以降、死亡率の最も高い死因は一貫して悪性新生物である。

b. 1960 年代中盤までの寿命の延伸の最大原因は乳幼児死亡の減少である。

c. 1970 年代の脳卒中死亡率の低下は主として脳梗塞の減少による。

d. 1980 年以降、肺炎の年齢調整死亡率は増加が続いている。

e. 1990 年以降、自殺による死亡数は一貫して 3万人を超えている。

解答を見る