41歳の女性。高血圧、頭痛および脱力を主訴に来院した。3年前から高血圧症に対して、自宅近くの診療所でカルシウム拮抗薬を投与されていたが、血圧は150/80mmHg前後の高値が持続していた。1年前から頭痛と脱力も自覚するようになったため受診した。

血液検査では血清カリウムが2.8mEq/Lと低下していた。二次性高血圧症を疑って施行した安静臥位30分後の採血では、血漿レニン活性0.1ng/mL/時間(基準1.2〜2.5)、血漿アルドステロン濃度231pg/mL(基準30〜159)であった。腹部単純CTでは異常所見を認めない。

診断のために行うべき検査はどれか。3つ選べ。

a. 生理食塩水負荷試験

b. カプトプリル負荷試験

c. デキサメサゾン抑制試験

d. フロセミド立位負荷試験

e. MIBG副腎シンチグラフィ

解答を見る