呼吸器系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1. チペピジンは、咳中枢に作用せず、気管支を拡張させて鎮咳作用を示す。

2. モンテルカストは、核内受容体に作用し、気管支ぜん息に伴う炎症を抑制する。

3. アンブロキソールは、ブロムヘキシンの活性代謝物であり、肺サーファクタントの分泌を促進させる。

4. アセチルシステインは、気道粘液のムコタンパク質のジスルフィド結合を開裂して、去痰作用を示す。

5. フルマゼニルは、肺伸展受容器を選択的に抑制し、鎮咳効果を示す。

解答を見る